Blog

20150706_00

通信教育の果たすべき役割は

教務の幅を広げる教員免許取得

 現在、小中・中高一貫校の増加、少子化進行による学校の統廃合など学校組織の見直しと合理化が進んでおり、教員に求められる資質や能力も多様化、専門化しています。それに伴い、他教科免許・隣接校種免許などを取得することは教務の幅を広げることにも繋がり、教育現場のニーズも高まっています。このような現場の状況もあり、今後は大学通信教育の役割もさらに大きくなっていくと予測されます。

 そこで本特集では、大学通信教育のメリット、各大学が実施する特色ある教育カリキュラムや通信教育にかける思い、学部の特長などを語っていただきました。秋季受講希望者募集に合わせた最適なタイミングで、全国の現職教員へ通信教育の活用をアピールする内容となっています。

Related Article