Blog

20160627_00

ロケーションを最大限に活用した体験型教育旅行

 日本教育新聞社では2016年6月27日付にて、教育旅行の重要性を後押しする「教育旅行特集」を実施しました。

 教育旅行は、子どもたちが学校や地元といった日常生活から離れ、旅行先の異なる風土や地域文化に直に触れることできる貴重な体験学習の機会となっています。

 これまでのただ観光地を見てまわる教育旅行ではなく、体験型の教育旅行が重要視され多く実施されるなか、今、訪問先地域の特色を主体的に学べる「アクティブ・ラーニング」型の教育旅行が注目されています。

 今回の特集では、人々が育んできた「文化」や「産業」などに触れ、それぞれの訪問先ならではのロケーションを最大限に活用した体験型学習など様々な取り組みを紹介いたしました。

Related Article