メディアガイド

日本で唯一の教育専門全国紙です

教育界の最新情報をキャッチして、教育のあり方を広く、深く、多角的に提言する紙面です。

教育のこれから 日本のこれからを考える。

日本教育新聞社は、戦後まもない昭和21年(1946年)の創設以来、全国教育関係者に、教育を巡る時代の情報を真摯に情熱的に伝えてきました。
いま、学校教育や子どもたちを取り巻く環境は大きく変化しています。日本の将来を担う子どもたちの教育について、さまざまな議論が渦巻いています。数多くの選択肢の中、子どもたちのために、教育界のためにできることは何か。この大きなテーマに、今後も正面から取り組んでいきます。

教育という素晴らしいステージを介して、学校と家庭と社会を結びつけていく。それが、わたしたちの力です。紙面を通して学校現場に働きかける活動は本紙ならではのもの。また、紙面と連動しながら、独自のネットワークを生かし、教師と企業の協同による教材制作プロジェクトを企画・実施したり、教育関係者向けの研修会を開催することなどは、ニーズに適ったものを提供できると確かな信頼を得ています。
教育の役割は、今後ますます重要になるでしょう。わたしたちは、学校現場と企業・団体の皆様を結ぶ橋渡し役として、これからもさまざまな角度から機能していきます。

学校は波及力の高い優良マーケットです

教育関係者は周囲への影響力も広範で、信頼できるメディアからの情報は、大きな広告効果を期待できます。
また、平成23年度から施行された新学習指導要領では、学力重視の他に社会の変化に対応するために教科等を横断して取り組むべき事項として、情報教育、環境教育、キャリア教育、食育といったテーマが提唱されており、文教市場向け製品・サービス、教材・教具、啓発を目的とした各種事業等への可能性が広がっています。

最新情報をスクープ&ニースあった情報をクローズアップ

学校教育関係者のニーズに合った情報を適宜詳報していくと共に、教育界の最新情報をキャッチし、発信。教育専門紙ならではの確かな視点は多くの教育関係者の支持を集めています。

関心の高いテーマを特集

学校現場で関心の高いテーマを特集紙面で掘り下げます。教育現場への調査報道や、オピニオンリーダーによるコメントは明日からの授業に生かせると支持を得ています。